プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉とプレピー02の微妙な関係

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉を先に使い始めたので、プレピー0.2の驚くべき書き味をしらなかった。
プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉を先に使い始めたので、プレピー0.2の驚くべき書き味をしらなかった。

プラチナ万年筆のプレピー0.2を使ってみて驚いた。一体何なのプラチナ万年筆って会社は?! 常用であるプラチナ万年筆、#3776の〈極細〉〈細軟〉〈極太〉〈ミュージック〉の4本にプレピー02を組み入れたので使い方の参考にレポートします。

セーラー万年筆の帆布ケースに収まった5本で使用頻度は100%。最近はコレばかりになってしまった。

セーラー万年筆の帆布ケースに収まった5本で使用頻度は100%。最近はコレばかり使うことになってしまった。

真ん中に収まっているのがプレピー02です。
極太系2本と、極細系2本のあいだに間仕切りとしてセットしています。

新入りなのにでかい顔していますね。でもそれだけけのことはあるんです。

初めてプレピーpreppy02を使った時の感想は、みなさんと同じ。
「えっ!」
これってスゴイな。

300円~400円でこの書き味なら「ん」
#3776をあわてて取り出してとっかえひっかえ書き比べ。
#3776は金ペンだしなあ、、、「しかし、、」プレピーよく書けるぞ。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉を先に使い始めたので、プレピー0.2の驚くべき書き味をしらなかった。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉を先に使い始めたので、プレピー0.2の驚くべき書き味をしらなかった。

sponsor link
sponsor

「う~~ん」となりながらこんな風に試し書き、

この試し書きは後日このブログ用に書いたものです。確かに硬さはあるけど、かえってメモや小さい字を書くには適しています。

@newsbunguは万年筆は寝かせて持てるのが良くて
(筆圧をかけなくて済むので)
使うわけですが、プレピーは寝かせても立ててもいい感じで、ラフに使えるように感じます。

これ、いいなあ。気軽に使えるなあ。細字だし。プラチナ万年筆って会社に言いたい。「何をするっ!」すごすぎないか?

同じ価格帯の(でもないけど)パイロットのKakunoと比べるとプレピーのほうがなめらかに感じます。

@newsbunguのパイロットkakunoは、たまたま特別に調整してもらったものなので、比べるのはちょっと土俵が違うんだけど。

字が上手で筆跡重視のおしゃれさんならkakuno、
実用本位、書き味で滑らかさ重視ならプレピーだろうか。

プレピーの書き味は#3776と同系列に感じる。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉のペン先とプレピー0.2のペン先の比較。共にイリジウム合金の大きさは同じぐらい。プレピー0.2のほうが表にも裏にも回っている。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉のペン先とプレピー0.2のペン先の比較。共にイリジウム合金の大きさは同じぐらい。プレピー0.2のほうが表にも裏にも回っている。

こうやって見ると、#3776の金ペンてでかいなあ。お辞儀してるし、加工度が違う。プレピーはフラットな感じでペン芯は水性ペン用っぽい。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉とプレピー0.2のニブを比べるとイリジウム玉の付き方が違うようだ。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉とプレピー0.2のニブを比べるとイリジウム玉の付き方が違うようだ。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉プレピー0.2のイリジウム玉が表と裏にあるので裏書きしてみました。更に細い線で書けます。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉プレピー0.2のイリジウム玉が表と裏にあるので裏書きしてみました。更に細い線で書けます。

プレピー0.2のイリジウム玉の形状を観察すると、表でも裏でも行けるんじゃないかと思ったのでテスト。

更に細く、01で書けます。@newsbunguは字がでかいのですが、メモ書きに後日書き加える時など便利かな。

常用はフリクションも万年筆もブルーインク系なので、今入れているプレピーの黒インクは追記だとすぐに分かるので気に入ってます。

プラチナ万年筆プレピー0.2は塗装を落としてクリアボディで使っています。クリップの外し方を知らないので、その下部分にはまだ塗装が少し残っています。

プラチナ万年筆プレピー0.2は塗装を落としてクリアボディで使っています。クリップの外し方を知らないので、その下部分にはまだ塗装が少し残っています。

プラチナ万年筆のプレピー0.2の外装は好みではないので、すべて塗装を落とすカスタマイズを即時行いました。

クリアボディのプレピー02」です。

そのうち、クリップの外し方を調べて、クリップ下の残った塗装をキレイに落として、更に磨いてクリスタルなプレピーにしたいなあ。

プラチナ万年筆プレピー0.2の重さは実測で12,8gだった。カートリッジ。

プラチナ万年筆プレピー0.2の重さは実測で12,8gだった。カートリッジ。

カートリッジ半分ぐらい使って約13gです。フリクションボールの0.7ペンが約12gだからとても軽い万年筆。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉の重さは実測で24.7gだった。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉の重さは実測で24.7gだった。

ちなみに。プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉は約25gだった。

コンバータで、もうインク残り少ないから、いつもはもうちょっと重いかもしれない。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉は一番左、プレピー0.2は今や真ん中だ。100均のケースに収納された万年筆たちは今や出番が無い。

プラチナ万年筆#3776シャルトルブルー〈細軟〉は一番左、プレピー0.2は今や真ん中だ。100均のケースに収納された万年筆たちは今や出番が無い。

@newsbunguは主にフリクションボールを使っています。

万年筆は日記とか、楽しみの筆記に使うのですが、最近は#3776ばかり使うので、集まってきた他の万年筆には出番がまったくありません。

そこに、プレピー02が割って入ってきたわけです。何が起こるか分かったもんじゃありませんね。気に入らない塗装デザインも落として使えば#3776と入れ替わる可能性も無きにしもアラず。

そりゃあ金ペンの、#3776シャルトルブルー〈細軟〉と比べるのは酷だけど、プレピー0.2はなんと300円~400円なのだから、圧倒的なコストパフォーマンスで、その関係はとても微妙なものではないかと思う。大好きなものがまた増えてしまった。

悪筆へのお付き合い ありがとうございましたm(_ _)m @newsbungu

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

sponsor link
sponsor

コメント

  1. toua より:

    プレピーのペン先の玉はイリジウムではなくステンレスです。イリジウムつけたらあの価格では無理です。

  2. NewsBungu より:

    touaさんコメントありがとうございます。
    貴重な情報感謝します。
    なるほどステンレスでもあの書き味!!驚きです。
    ますます愛着がわきました。大切に使っていきたいです。