【書見台】立って読むと、集中力が高まるんだろうか? やってみる!

自作書見台
タンスの引き出しを少し開けて作った板をの出るだけの書見台。家人は無反応である。注意力散漫なのはジブンだけなので意味がわからないらしい。
簡単な、書見台

立って読むために、DIYで簡単な書見台を作ってみた。机で読みにくかった大型本がこれで読めるようになるかも。

積ん読がひどい

最近は読書していても、

気がつくとパソコンを操作していたりして

集中できていない。

パソコンを設置した机では

読書は向いていないのではないか

と思うことが多くなりました。

本多静六wikiへのリンク)の自伝で、

若い頃から寸暇を惜しんで歩きながら読書するクセがついて、

成人してからも

書斎の中で歩きながら記憶する

記述があったなあ。

立ったまま机に向うと快適!(Lifehacker)

「Ginaさんは45~50時間、パソコンに向って仕事をしています。そして1週間前までは座りっぱなしで仕事をしていたそうです。しかし、先週の月曜日に机を立って作業ができる高さに変更し、足を動かしながら1週間仕事をしてみたとのこと。結果、もう座って仕事はしたくないそうです。」

立ったまま仕事をしたり、

立ったまま読書したりしている人が

増えているのかな。

講義は立ってするし、

大昔は散歩しながら議論していたらしいし、

中世の書見台は立って読んだようでもあるし。

sponsor link
sponsor

書見台を工作!なんちゃってDIY

ならば、

注意散漫なジブンも挑戦してみるか!

考えは迷うが、

手は迷わないので、

とりあえずやってみた。

image

余り板の

シナ合板10mm厚と、

書籍受けのありあわせの角材を

ネジ止め。

寝室のテレビが乗っかっているタンスを利用して、

立って読むための書見台を作ってみた。

作業時間は10分ぐらいか。

使い回しの板なので

ネジ止めの痕が残っている。

自作書見台

タンスの引き出しを少し開けて作った板をの出るだけの書見台。家人は無反応である。注意力散漫なのはジブンだけなので意味がわからないらしい。どーもスイマセン。

さっそく出来上がった、

なんちゃって立ち読み書見台を使ってみる。

確かに集中できて新鮮だけど、

足が痛くなるような気がする。

なんてヤワなんだろうか。

しかしこの書見台では、

読めていなかった「宮﨑駿、雑想ノート」がスルスル読めるではないか!!

もっと読めていなかった

持っていただけの「栃折久美子、手製本を楽しむ」も

ズルズル読める!!

ううむ、感動である。

これは習慣として根付くのか、

それとも、

ああ、そんなこともやったよねになるのかどうなのか。

もちろん後者の可能性が

圧倒的に高いのであるが、

今回は余り考えずに手を動かした結果、

新鮮な経験を得ることができたのは間違いないようだ。

立ち見書見台をまとめると

  1. 高価な設備を買うよりも、とりあえず手持ちのモノでやってみることをお薦めします。
  2. 足は痛くなるよ。(^o^)スポンジを入れたスリッパに改良した。
  3. ナゼカ、立って読みたくなります。不思議。本を開いてセットしておくと通りがかりに、ちょっと読み出したりしてしまいます。

立ち見書見台で読んだ

立ち読み書見台のきっかけを作ってくれた本多翁

(日比谷公園の設計者といったほうが早いかもしれません)

はやりのハウツーやライフハックとは対極にある生活指導書。

「宮﨑駿の雑想ノート」

ジブンのは初版なので

表紙のイラストやレイアウトがちょっと違う。

とても大切にしているうちの一冊だ。

この本はA4サイズなので

キーボードが占領している机では読みにくかった。

とにかくイラストがスゴイ!

見るたびに心臓がドキドキする。

このドキドキ感は電子本でも得られるのだろうか?

宮崎ファンは皆さん持ってるんだろうなあ。

栃折久美子「手製本を楽しむ」

多分絶版です。

栃折氏はすでに一線を退いていますが、

ルリユールの多くの後輩を育てた方です。

電子書籍の時代なのに

本の魅力に引きつけられるのはなぜでしょう。

いつか壊れかけた大事な本の修理をしたいなあ。

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

sponsor link
sponsor