コクヨ、装丁ノート、レコードブック【帳簿用紙】

上品な趣がある装丁ノート。繊細な感じがするよね。透明カバーはたぶん外して使うだろうなあ。
上品な趣がある装丁ノート。繊細な感じがするよね。透明カバーはたぶん外して使うだろうなあ。

ノートの情報として、inspi さんの「コクヨと紙と100年のこだわり」というエントリーが詳しかったので紹介しました。「東十条王子」さんの記事です。そこで、@newsbunguの在庫の中からコクヨのレコードブックを発掘して使えるようにノンブル加工をしたので使い方の参考に紹介します。

現在の机で使う@newsbunguの常用ノートは、文具王のアクセスノートブックと、コクヨの大人のキャンパスノートです。

【文具王の】アクセスノートブックと、100円ノート超メモ術は共に夢を見るか?【AccessNotebook】
100円ノート超メモ術と、文具王のアクセスノートブックは、共に夢を見るか?

共にA5サイズで、@newsbungu の狭い机でも活躍してくれています。ハードカバーノートと、ソフトカバーノートで共に5ミリの方眼です。キャンパスノートは落書きも、ちょっとした覚えも1頁使いで、メモ紙貼り付け用としても大活躍です。どっちかっていうと大人のキャンパスノートへ軸足がかかってきたかな。ソフトな表紙もいいもんですね。

そんな中にコクヨ、装丁ノート レコードブックが割り込んできました。以前購入したもの中に入っていました(^^)。「東十条王子」さんの記事で使ってみる気持ちになったのでした~。

上品な趣がある装丁ノート。繊細な感じがするよね。透明カバーはたぶん外して使うだろうなあ。

上品な趣がある装丁ノート。繊細な感じがするよね。透明カバーはたぶん外して使うだろうなあ。

小口のしましま意匠が目立ちますね、改ざん防止にもなるらしい。改めて見てみるとかなり上品で上質、繊細な仕上がりです。アクセスノートブックは荒っぽい環境でもハードな表紙が頑張って守るイメージでしょうか。金色の装丁も型押しの深くシャープなメタリック印字ではなくて、ソフトなクロス系の表紙のテクスチャがうっすら透けた金色です。

ううむ上品だなあ、華やかさもある。それに比べるとアクセスノートブックは無骨とも言えるかもしれん。

ううむ上品だなあ、華やかさもある。それに比べるとアクセスノートブックは無骨とも言えるかもしれん。

大正2年はわかった。囲み罫は目立ち過ぎに見えて気になる(^^)

大正2年はわかった。囲み罫は目立ち過ぎに見えて気になる(^^)

小口のしましまがスゴイね。さり気なく(ちっともさり気なくない)手間ひまかけてるのか?昔の帳簿はマーブリングだった気がしたんだけどこういう意匠も一般的だったのかな。謎は深まる。

たしかに厚口用紙、高級感はありまする。

たしかに厚口用紙、高級感はありまする。

「ぱりぱり」感のある厚口用紙!いったいどんな用途に使えばいいのかな。などと身構えちゃうと使えなくなってしまうのでTODOなどで消費することにしています。

たとえ極太のペン先でパイロットBBであっても、裏表の筆記ができそうだよ(^^)

たとえ極太のペン先でパイロットBBであっても、裏表の筆記ができそうだよ(^^)

この時代帳簿は輸入だったのかな、罫線は水性インクで刷ってあり改ざん防止仕様だったとか聞いたことがあります。このノートも水を少しつけて罫線を観察してみたけどよくわかりませんでした。罫線が裁ち落としになっていないので、おそらくはオフセットインクで普通の印刷のような気がします。

愛用中の大人のキャンパスノート80枚と厚さを較べてみる。70枚のレコードブックのほうが厚い(^^)

愛用中の大人のキャンパスノート80枚と厚さを較べてみる。70枚のレコードブックのほうが厚い(^^)

大人のキャンパスノートのほうが2ミリほど背が高い。装丁ノートの背文字は束(厚み)のセンターよりも表紙側に寄っているなあ。謎だ。

いつものように角を丸める。ちょっと失敗した!!:-( 無問題で世は流れていきますね。

いつものように角を丸める。ちょっと失敗した!!:-( 無問題で世は流れていきますね。

ノートのナンバリングと角を丸めます。

【ノートの角を丸く】ノートのかどを丸くカットしてみた
ノートは、 かどまる仕様が少ない。 気に入ったノートを 「かどまる」にして使っているので紹介します。 角丸にするには...
おまちかねのインクテスト。ナンの問題もないな(たぶん)

おまちかねのインクテスト。ナンの問題もないな(たぶん)

コレしか使わなくなってしまった、プラチナ万年筆の極太と極細です。インクはパイロットのブルーブラック。

最強の紙(^^)

ん~~、極太で書いた部分はかすかにわかるぐらい。まあ無問題ではないでしょうか。パリッとした紙が好きな方にはたまらないノートですね。方眼罫もラインナップされているのをはじめて知りました(^^)。

sponsor link
sponsor