【カッター】折った刃を安全に捨てる「オルファのポキ」

「安全刃折処理器ポキ」
「安全刃折処理器ポキ」

カッターの刃を折って、

切れ味の良い刃をいつも使えるのは

とても快適です。

折った刃をオルファ「安全刃折処理器ポキ」

捨てているので紹介します。

安全刃折処理器ポキ

安全刃折処理器ポキ

「安全刃折処理器ポキ」には

商品名の「ポキ」が

なぜか記載されていません。

よく知られた商品名とは

言えないですね。

オルファのリンクはここ

このディスペンサーは

小型の刃が折れますが、

大型の刃は溝にはいらないので危険で折れません。

中型までの刃なら

容器の大きさが握りやすくて

少しの力で安全に折ることができます。

溜まった刃は

いつかゴミとして処分しなければならないのですが、

各地方自治体で

処分方法が違うとおもいます。

メーカーではこのまま安全に

容器ごと処分できると

アナウンスしていますが、

家人に聞くと当地では金属ゴミに

プラスチックは「ダメ」とのことです。

そこで、

「安全刃折処理器ポキ」の蓋を外したのですが

これは簡単にはできません。

あまりにも固く結合されているので、

破壊しようと思ったほどです。

木片を利用して、

テコの原理でなんとか開けました。

「安全刃折処理器ポキ」

「安全刃折処理器ポキ」どっさり入っていたのですが、写真はこれだけにしときます。

子供のいる家庭では

これぐらいじゃないと安全では無いかもしれません。

子供の力では開けられないでしょう。

細かく分別で処分する必要があるなら、

「安全刃折器ポキL型」は簡単に開けられる構造です。

安全刃折器ポキL型

安全刃折器ポキL型

「安全なカッター刃処分」まとめ

  1. 普通の家庭なら「安全刃折処理器ポキ」で10年は処分しなくていいと思う
  2. 相当な量が入るよ
  3. L刃を使うし、小さい子供いないし、分別細かいし、、なら「安全刃折器ポキL型」がいいよ
  4. 目立つデザインの容器じゃないと肝心なとき見つからないので「安全刃折処理器ポキ」が一押し

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link
sponsor