気になる「セミB5版」ノートの実際のサイズ

大昔のノートはB5の正規のサイズだった!
大昔のノートはB5の正規のサイズだった!

セミB5ノートの

正しいサイズが気になったことはありませんか?

文房具屋さんドットコム さんに情報があったので

表にしてみました。

縦に4ミリ、横に3ミリ小さい。

便箋は同じように

セミB5版と呼ばれているのに、

縦に6ミリ横に5ミリ小さいそうです。

ノートの呼び方 サイズ(単位ミリ) JIS 規格
B5版 182×256    昭和35年ごろまで
セミB5版 179×252   JIS 6号
  JIS 学習3号
177×250    便箋
   B5特版 原稿用紙

大昔のノートはB5の正規のサイズだった!

大昔のノートはB5の正規のサイズだった!

sponsor link
sponsor

まとめ

  • 昭和35年ごろまでは、原紙の四六判(768ミリ×1091ミリ)からB5を「8丁取り」していた。
  • しかし原紙のB列本判(765ミリ×1085ミリ)の原紙を使うようになり、コストダウンなどで「9丁取り」になった。
  • 昭和40年からJIS規格でセミB5版と呼ぶようになった。

imgres

本と紙のサイズ
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料
sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

sponsor link
sponsor