ダイソーの2016年ダイスキン・ダイアリー手帳

大小それぞれ3色展開。
大小それぞれ3色展開。

ダイソーの2016年ダイスキンダイアリー手帳が、入荷していたのでさっそく買ってきました(^^)。B6サイズとA6サイズそれぞれに、黒、赤、青の三種類がありました。

大小それぞれ3色展開。

大小それぞれ3色展開。

sponsor link
sponsor

2016年ダイスキン・ダイアリー(ダイダイ)

万年筆のインクテストはどうでしょうか。

万年筆のインクテストはどうでしょうか。

さっそくインクテストをしてみました。最近の @newsbungu は#3776極細がメインなので、サリサリとテスト。ついでに同じく#3776のタイトル用極太のパイロットのブルーブラックでヌルヌルとテスト。

極細のプラチナ万年筆センチュリー#3776に出会ってからは、コレばかり使うようになりました。パイロットのキャップレスを主に使うことが多かった...

万年筆でも大丈夫じゃないかな。極太の#3776でもにじみなし。

万年筆でも大丈夫じゃないかな。極太の#3776でもにじみなし。

#3776極細はインク量が少ないので、問題なし。極太でもまあ大丈夫かな、他のインクはわかりません(^^)。

ダイスキン・ダイアリーの表紙

みかけたので早速買ってきたよ(^^)。ダイダイ。

みかけたので早速買ってきたよ(^^)。ダイダイ。

変わった位置に「2016」が箔押しで入っています。カドの丸みはモレスキンよりRが大きいです。これは作業効率が良いからでしょうか。PUレザーの質感は現行のダイスキンよりも、サラッとして旧タイプの手触りに近いと感じました。界面活性剤かワックスかな?

表紙のポリウレタンレザー、右上はモレスキン。

表紙のポリウレタンレザー、右上はモレスキン。

表紙の質感はモレスキンに肉薄。

詳細にルーペで観察すると、モレスキンのポツポツはより本物の革に近い縦長の穴で小さいのですが、ダイスキンは大きめ正円の穴に見えます。なので、ダイスキンのほうが光沢感があるように見えます。

※右上はモレスキンですが、2本の飾りラインは@newsbungu が入れたものです。

紙はダイスキンより薄く上質かも。

紙はダイスキンより薄く上質かも。

紙の質感は若干、いつものダイスキンは、もさもさしていますが、それよりパリッとしていて、なめらかな印象です。品質も上がっているような感じもします。

年間カレンダーは、2016年と2017年。

年間カレンダーは、2016年と2017年。

2色なので土曜日は墨色です。この手帳はアミ点は使っていませんね。2年分の年間カレンダーが印刷されています。書体は一種類でとてもシンプルです。

ダイスキン・ダイアリーのマンスリーのページ

マンスリーは2015年の10月から

マンスリーは2015年の10月から

シンプルです。月間計画などの蘭は少ないので工夫が必要です。

ダイスキン・ダイアリーのウィークリーのページ

Weeklyのページは7時始まりの24時まで。

Weeklyのページは7時始まりの24時まで。

土曜、日曜も同じスペースです。

裏面の方眼がすけて見えるので、なんちゃって方眼。

4mmの方眼です。

4mmの方眼です。

ダイスキン・ダイアリーのメモのページ

メモページ、20ページありました。

メモページ、20ページありました。

巻末に20ページ分のメモページがあります。

まとめ

  • 変に白くもないので漂白剤は使っていないかも
  • シンプルで良い
  • 万年筆も使える

シンプルで使い良いのではないでしょうか。抜群のコスパ!! 必要最低限のレイアウトですがそれに魅力があるのも確かです。

ハードカバーのスケジュールを探しているのなら選択肢になりますよ~(^^)。

学習ノートの86%、蛍光増白剤を検出
 江蘇省品質技術監督局によると、同省で学習用ノートについてサンプリング検査を行った結果、86.1%の製品で人体に被害を及ぼす恐れのある蛍光増白剤が検出された。

※大陸製の白いノートには有毒なものが入っていることがあるので注意が必要です。

(2016年4月9日一部更新)

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link
sponsor