ダイソーのA7 KORORU(新A7ダイスキン)が戻ってきたよ

初代A7ダイスキンとサイズを比較してみました。結構縦に長い。横幅は5mmぐらい小さくなっています。
初代A7ダイスキンとサイズを比較してみました。結構縦に長い。横幅は5mmぐらい小さくなっています。

長らく廃盤だったA7サイズのミニダイスキンが、帰ってきた。サイズも佇まいも前のものとはちょっと違うようだ。とりあえずサイズなどのレポートです。

新A7ダイスキンは、「A7 KORORU」となった

おお、フォントもいいねえ。スペーシングもきれいですね。

おお、フォントもいいねえ。スペーシングもきれいですね。

コジャレた腰巻きを巻きつけたダイソーの「A7 新A7ダイスキン」は、旧A7ダイスキンとはちょっと違う雰囲気。

流石にダイスキンの名称は使わないのかな。海外展開の香り(^^)。怪しいシールが貼ってある。みんな剥がしてんだろうなあ。

流石にダイスキンの名称は使わないのかな。海外展開の香り(^^)。怪しいシールが貼ってある。みんな剥がしてんだろうなあ。

枚数は変わらない96枚(^^)。「綴じメモ」と「綴じノート」その境界線は霞んでいてよく見えないと家族は言うが「うむ」とだけ答えておこう。まったくわからない。

初代A7ダイスキンとサイズを比較してみました。結構縦に長い。横幅は5mmぐらい小さくなっています。

初代A7ダイスキンとサイズを比較してみました。結構縦に長い。横幅は5mmぐらい小さくなっています。

我が家にはまだストックがあるので、旧A7ダイスキンを一冊比較のために引っ張り出してみました。A7といっても随分違うな。スリムになってポケットには出し入れやすくなった気もする。

縦は11cmです。6mm罫は旧A7ダイスキンと同じ。

縦は11cmです。6mm罫は旧A7ダイスキンと同じ。

1行増えた(^^)。1ページ15行なので、なんとか見開きで1ヶ月スケジュールとして記入できる(1日足りない月もあるけどね)

横幅は63mmです。罫線の印刷色が太いのか濃いのか旧A7ダイスキンより目立つかなあ。

横幅は63mmです。罫線の印刷色が太いのか濃いのか旧A7ダイスキンより目立つかなあ。

横の紙サイズは63mmぐらい。罫線部分は50mmぐらいです。目盛りや中央ポイントなど一切無い潔さ。紙の色がさらにクリームに傾いています。

 罫線のアップ\(^o^)/。レトロ感あるねえ、いいねえ。コクヨさん卒倒しそうだ。

罫線のアップ画像\(^o^)/。レトロ感あるねえ、いいねえ。コクヨさん卒倒しそうだ。

紙質は平滑度(なめらかさ)は旧A7ダイスキンと同じような傾向だと思います。罫線は濃くなったり薄くなったりバラツキがある印象。味があるといえなくもない。

コーナーの処理、手前左が新A7ダイスキン。手慣れてきたようだ。

コーナーの処理、手前左が新A7ダイスキン。手慣れてきたようだ。

角の処理は菊絞りが、慣れてきたのかと思ったけど、すべての角を比べてみたらそんなことはなかった(^^)。大差ない荒っぽさでした。

5穴システム手帳と比べる。ダイソーのA7 KOROKUはなんとか挟んで持ちはこべそうだ。

5穴システム手帳と比べる。ダイソーのA7 KORORU(A7ダイスキン)はなんとか挟んで持ちはこべそうだ。

A7サイズの綴じノートとして5穴システム手帳のお供にいい感じだ。こうして並べてみるとすっかりアクが抜けた感がありますね。ファンとしては幾分さみしい。

能率手帳の小型とダイソーのA7 KOROKUを比較するとこんな感じ。

能率手帳の小型とダイソーのA7 KOROKUを比較するとこんな感じ。

能率手帳の小型はスペースが足りないので工夫する楽しみがありますが、付箋持ち歩くよりA7ダイスキンのほうがしっくりくるかな。

さてまとめると

  1. A7ダイスキンがコジャレた装いで帰ってきた。大歓迎だよね。
  2. スリムになってしまった。
  3. 一行増えた。
  4. しおり紐はおんなじぐらい。
  5. ゴムバンドは細くなりキツめだ。
  6. 紙はクリーム化したぞ。
  7. インクテストはみんなのレポートを待たれよ。

@newsbunngu でした。

一部訂正、2017年8月14日 文字の間違いを訂正しました。

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link
sponsor