モレスキンのラージをカスタマイズして「100円ノートの超メモ術」で使う

ストックしてあったラージのミッキー限定版を思い切って使います。バリバリーーっ!
ストックしてあったラージのミッキー限定版を思い切って使います。バリバリーーっ!

前回の記事では前哨戦としてポケットをカスタマイズして、「100円ノートの超メモ術」を運用できるようにしてみました。今回はモレスキンラージサイズの改造に取り掛かります。ノート使い方の参考までにレポートします。前回の記事はこちら。

モレスキンやダイスキンを改造して、中公竹義さんのオープンアイデア「100円ノート超メモ術」を運用できるようにしてみましたので、使い方の参考に...

ストックしてあったラージのミッキー限定版を思い切って使います。バリバリーーっ!

ストックしてあったラージのミッキー限定版を思い切って使います。バリバリーーっ!

このモレスキンラージは、

the Disney Limited Edition Notebook 限定版ディズニーノートブック(リンクはモレスキン)です。ルールドの手持ちが無いので思い切ったもんですね。

ミッキーマウスの描き方が解説された冊子が付属しています。また見返しには描き方の実際が印刷されていて楽しいです。

ミッキーマウスの描き方が解説された冊子が付属しています。また見返しには描き方の実際が印刷されていて楽しいです。

sponsor link
sponsor

描き方は解説されてはいますが、

これ見て描ける人は見なくても描けるんじゃないのと思いますよ、はい。画才のある方向けの解説かなあ。こんなふうに描けたら素晴らしいだろうなあ。

端まで罫線が印刷されていることが「100円ノートの超メモ術」の条件です。国産のノートと比べると可哀想ですが、モレスキンのルールドは比較的安定しています。ダイスキンは端まで罫線が印刷されていないので、マーキングにちょっと苦労しますよね。

端まで罫線が印刷されていることが「100円ノートの超メモ術」の条件です。国産のノートの品質と比べるのは可哀想ですが、モレスキンのルールドは比較的安定しています。ダイスキンは端まで罫線が印刷されていないので、マーキングにちょっと苦労しますよね。

@newsbunguの旗艦ノートであるA5版の文具王のアクセスノートブックより一回り小型になります。左右の幅が細長くなるので取り回しが楽になるかな。大いに期待できます。

カスタマイズをはじめる

前回の工作で慣れてきた。真ん中から4mm幅で切り出します。

前回の工作で慣れてきた。モレスキンのラージを真ん中から4mm幅で切り出します。

スパっといっちゃいます。慣れてきました。

製本テープでは心もとないので寒冷紗のテープを使います。今回は撮影をわかりやすく説明するために白を使います。

製本テープでは心もとないので寒冷紗のテープを使います。今回は撮影をわかりやすく説明するために白を使います。

この寒冷紗テープは製本用のものです。

でも実際に使う量は少ないので@newsbunguのように、寒冷紗テープ1巻を、手に入れるようなバカなことはしないでください(^^)。実際に作る人は居ないと思いますが、もしほしい方はTwitterのDMでご連絡いただければ頒布させていただきます。(送料はご負担ください(^^)

ふでばこ(@newsbungu)さん | Twitter

少量なのでご家庭にある医療用のガーゼに、和紙で裏打ちしても十分使えると思います。たぶん農業用の寒冷紗は化学繊維ですし強すぎで使えないと思います。

寒冷紗テープを切り出します。小さい方は内側、大きい方は外側、四角いのは端の補強です。

寒冷紗テープを切り出します。小さい方は内側、大きい方は外側、四角いのは端の補強です。

寒冷紗テープは裏打ちしてあるので、まっすぐに切断することができます。欲しいサイズが寸法通りに、切り出せるのはとても気持ちいいですね。

一番最初に、端の補強から始めました。切り落とした4mm幅の小片を挟んで平行にしました。

一番最初に、端の補強から始めました。切り落とした4mm幅の小片を挟んで平行にしました。

後から考えると補強しすぎだったかもしれません。強度についてはノートを使い終わってから、報告させていただく予定ですが、この補強はノートの表面が凸凹します。使った接着剤は木工ボンドです。

内側の寒冷紗を貼ります。裏打ちしてあるテープなので扱いやすいです。接着剤は木工用ボンドです。

内側の寒冷紗を貼ります。裏打ちしてあるテープなので扱いやすいです。接着剤は木工用ボンドです。

内側の寒冷紗はマスキングをしないでボンドを塗って貼りました、がこれは失敗でした。きちんとマスキングテープで余計なところに、ボンドがつかないようにしないと乾いてからはみ出たのりがテカってみっともないです。

あれっ!くっついていないよ!!PUレザーはG17とかゴムのりじゃないと接着しないんだね。手持ちが無いんだよね、、

あれっ!くっついていないよ!!PUレザーはG17とかゴムのりじゃないと接着しないんだね。うーーん、手持ちが無いんだよね、、

端をめくってみると、パリーっと剥がれますね(^^)。クロロプレンゴム系接着剤の、コニシのボンドG17とかじゃないとダメっぽい。

モレスキンの見返しを軽く剥がしてみるとG17ぽい手触りがある接着剤が、塗られているのがわかります。

コニシのボンド「ウルトラ多用途」を使う

手持ちの接着剤で使えそうなのはこれかな、テスト接着してみます。

手持ちの接着剤で使えそうなのはこれかな、テスト接着してみます。

手持ちの接着剤には、使えそうなものがこれしかありません。

この接着剤はフタをしっかり閉めておくとかなり長く保存できます。この子もかなり前に買ったものですが未だに使えます。G17はあまり長持ちしないで、小さいチューブのほうが経済的ですね。

コニシのボンドウルトラ多用途、エスユーです。この接着剤ははみ出すといつまでもベタベタするので、マスキングをして寒冷紗を貼りました。

コニシのボンドウルトラ多用途、エスユーです。この接着剤ははみ出すといつまでもベタベタするので、マスキングをして寒冷紗を貼りました。

表側はしっかりマスキングして、ボンドを塗りました。ボンドウルトラ多用途は空中の水分で接着効果が出ます。

寒冷紗ですっかりミッキーが見えなくなってしまった。すまぬ。

寒冷紗ですっかりミッキーが見えなくなってしまった。すまぬ。

乾燥しました。しっかり接着しております!

おおっ、いいね、いいね、すんなり折り返せます。「アクセスノートブック」みたいだ。

おおっ、いいね、いいね、すんなり折り返せます。「アクセスノートブック」みたいだ。

テストすると、スムーズに折り返せます。上手く行ったみたいです。

さすがに化粧テープを貼らないと、使えませんね。製本テープの黒を使います。

さすがに化粧テープを貼らないと、使えませんね。製本テープの黒を使います。

白の寒冷紗だけでは目立ち過ぎなので、隠すために製本テープを切り出しました。実際は幅がもう少しあればよかったです。溝にそって貼るのでその分と、寒冷紗から5mmはカバーする部分が無いと十分な接着が得られません。寒冷紗は凸凹しているので裏返して使ったほうが良いです。(裏打ち面が見えるように貼る)

溝に沿って丁寧に接着します。綿棒で押し込みます。硬いものでやると製本テープが切れてしまいます。

溝に沿って丁寧に接着します。綿棒で押し込みます。硬いものでやると製本テープが切れてしまいます。

丁寧に溝にそって押し込みながら、製本テープを貼ります。それほど強度はないので注意しながらやりました。

ページにナンバリングを入れます。各ページには入れずに。片ページのみで実用になります。

ページにナンバリングを入れます。各ページには入れずに。片ページのみで実用になります。

「100円ノートの超メモ術」なので、インデックス用のページナンバーを入れます。ナンバリングは1台あれば便利です。手書きでページナンバーを書くのも楽しいですが、ナンバリングマシンを使うのも面白いです。@newsbunguはインクが真っ黒で濃いより、かすれたような薄い色が好みなのでシンナーでインクを薄めてグレーになるように調節しています(^^)。

ぬはは、カスタマイズ、改造はハマります。中公竹義さんの足元にも及ばないけど再び「100円ノートの超メモ術」をハードカバーで運用してみます。

ぬはは、カスタマイズ、改造はハマります。中公竹義さんの足元にも及ばないけど再び「100円ノートの超メモ術」をハードカバーで運用してみます。

これで「100円ノートの超メモ術」をモレスキンのラージで運用できます。本来は表紙がソフトなノートでのメモ術なのですが、ハードカバーの使い勝手の良さを、文具王のアクセスノートブックで知ってしまったのが、今回のカスタマイズの動機です。

「100円ノートの超メモ術」がモレスキンのラージで運用できそうです。おもて側からのアクセスは本来の「100円ノートの超メモ術」と同じです。

「100円ノートの超メモ術」がモレスキンのラージで運用できそうです。おもて側からのアクセスは本来の「100円ノートの超メモ術」と同じです。

角丸で「100円ノートの超メモ術」とおなじ、表側からのページアクセスです。ノート右下の使ったページをちぎる機能はありません。これがあれば新しいページを瞬時に開けるんですけどね、、

完成!

この大きさが欲しかった!なんちゃって「アクセスノートブック」の完成です。ミッキーが隠れてますね。

この大きさが欲しかった!なんちゃって「アクセスノートブック」の完成です。ミッキーが隠れてますが。。

失敗もありましたが、なんとか完成しました。(^^) 中公竹義さんに感謝、文具王さんに感謝。

まとめると

  • モレスキンの表紙は防水なので水性のボンドはダメ
  • マスキングテープを使って接着剤をはみださないよう注意
  • 寒冷紗は重ねて貼らないほうがスマート
  • 寒冷紗は裏打ち側を見えるように貼る

@newsbunguでした。(^^)

(2016年4月9日一部更新)

sponsor link
sponsor