スポンサーリンク

父のモンブラン #782 をフリクションに改造して使う

父から譲り受けた

モンブラン782

フリクション化したのでレポートします。

モンブラン782

小型で軽いクラシカルなペンです。

あまり使われていなかったペンですが、

フリクション改造

実用化したいと思います。

スポンサーリンク

フリクションを入れるため、芯を延長カスタマイズ

上からモンブラン782の軸、芯パーツ(最初から付いていたもの)、口金、フリクション多色芯(LFBTRF)、自作追加パーツ

上からモンブラン782の軸、芯パーツ(最初から付いていたもの)、口金、フリクション多色芯(LFBTRF)、自作追加パーツ

フリクションの多色芯では短いので、

使い切ったフリクション多色芯から

延長パーツを作って足せば、

使えるようになると思います。

追加延長芯の接続は

簡単にゼムクリップを

ニッパーで切り取って使いました。

フリクションの芯に追加するパーツ、クリップから切り出した針金を曲げてあるだけ

フリクションの芯に追加するパーツ、クリップから切り出した針金を曲げてあるだけ

こんなかんじに曲げて、

追加延長芯にキツく

挿入加工します。

先の細いラジオペンチが

2本あればベストですが、

1本でも簡単に加工できます。

23mmの追加芯パーツと接続用のクリップ曲げパーツ

23mmの追加芯パーツと接続用のクリップ曲げパーツ

半分突っ込んで、接続します。

パーツは長めに作って少し削り、

現物合わせです。

約23mmになりました。

切りすぎっちゃったので、

あと0.5mm長いと

ちょうど良かったかもしれません。(^^)

先端から35mmのところにメモ帳の閉じWリングから切り出した針金を巻いて止めてあります。

先端から35mmのところにメモ帳の閉じWリングから切り出した針金を巻いて止めてあります。

バネどめのクリンプを、

35mmのところに作りました。

メモ帳のWリング製本の

ワイヤーを短く切って

巻き付けただけです。

十分に機能しますが、

キツめにしておかないと

ズレてきます(^^)。

位置により

バネの強さが変わります。

弱めに調整しました。

完成したフリクションボールモンブランです。小型で軽い!軽い!父さん使ってるよ!

完成したフリクションボールモンブランです。小型で軽い!軽い!父さん使ってるよ!

完成です。

軽いのでトラベラーズノートの

小型の止めゴムだけで

落ちてきたりしませんね。

大事に使おうと思っています。

モンブラン782ってどんなペンなの?

全長13cm、ほとんどカランダッシュやパーカーのジョッターと同じぐらいです。

全長13cm、ほとんどカランダッシュやパーカーのジョッターと同じぐらいです。上からフリクションボールLFBK-23F-BB、ファーバーカステル伯爵コレクションギロシェ、カランダッシュエクリドール、パーカージョッター、モンブラン782。

モンブランの782は

全長が13cmで、

ほとんどPARKERのJOTTERと

同じですが

使い勝手はかなり違います。

ジョッターは先細になりますが。

モンブランの782は

持つところが一番径が太いんです。

どちらも使いやすいのですが、

スタイルではジョッターが

上のような気がしないでもないです。

個性的なボールペン

最大径は9mmぐらいで全体に細身ですね。カランダッシュと同じ程度の長さ。ノック部分の形状が見えます。

最大径は9mmぐらいで全体に細身ですね。カランダッシュと同じ程度の長さ。ノック部分の形状が見えます。

全体の形状は、

翼の断面みたいに

後方に向かって

細くなっています。

持つところが一番太く

重心は前よりです。

とてもおもしろい形をしています。

ノック部分はもっと風変わりです。

モンブラン #782 クリップ部分

オリジナリティあふれるクリップとノック機構が素晴らしいギミック。

クリップ部分に窓があります。

その中に芯のノック部品が

入っています。

各部分の工作精度は

上質なものです。

でもこの部分が

壊れやすいのではないかと

心配です。

強度では構造がシンプルな

ジョッターが有利なのではないかと思います。

胸ポケットに

クリップを掛けるときは

芯を上に引っ込めてからの

ほうが良いです。

ノック部品がクリップの

窓から手前に

ずれることがあります。

ヒヤヒヤします。

ビンテージと言ってもいいぐらい

古いものなので、

もし壊れたら修理は難しいでしょう。

個性的な美しいペン

彫りの深いヘアーラインがとても美しい。ふっくらとしたライン。

彫りの深いヘアーラインがとても美しい。ふっくらとしたライン。いい感じ(^^)

他のペンと最も違うの

はこのヘアーライン加工。

ジョッターの金属部分にも

薄い横目のヘアーラインがありますが、

モンブランの782のヘアーラインは

比べ物にならないぐらい

相当に深い筋になっています。

爪でなぞると

ガリガリするほどです。

周りの光も反射して

虹のように輝きます。

彫りの深いヘアーラインがすばらしく美しい。円錐では無く、ふっくらとしています。

彫りの深いヘアーラインがすばらしく美しい。円錐では無く、ふっくらとしています。

口金は先端部分に向けて

急に細くなっていて、

紙面への見通しが良いです。

ジョッターも

紙面への見通しは良いですが

プラの黒色です。

それに比べて

モンブランの782は

金属で白く輝いているので

紙面に対して

軽い感じがするように思います。

モンブラン782の深い刻印、口金のきれいなヘアーラインも強く美しい。ボディと口金の面がピッタリとあっています。

モンブラン782の深い刻印、口金のきれいなヘアーラインも強く美しい。ボディと口金の面がピッタリとあっています。

ボディはつや消しの

プラスチックです。

「GERMANY 782 MONTBLANC」の

小さく深い刻印があります。

こういうところはシビレます。

こんたっくの足当たりが最大径でクリップ部分は細くなる

こんたっくの足当たりが最大径でクリップ部分は細くなる

まとめると

  1. なんとなくフリクション軸に
    不満があればやってみたくなるよね
    フリクション化
  2. 強度ではシンプルで頑丈な
    ジョッター、華奢で華麗な
    モンブランの782
  3. ヤフオフにもたまに
    お安く数千円で
    出てるよモンブランの782
  4. 大切に使います(^^)

読んでくれてありがとうございます。

@newsbungu

Twitterでお会いしましょう。

nomukampo さんのブログで
モンブラン821のカスタマイズ記事がありました。
「ハンマートリガー」と呼ぶんですね、なるほど(^^)。
ぜひご訪問ください。
URL

コメント

タイトルとURLをコピーしました