スポンサーリンク

【MWBP-3000】多機能ペンは伸縮の夢を見るか?

プラチナ万年筆の

伸縮式多機能ペンMWBP-3000。

多機能ペンに、

伸縮機能があるので面白そうだ。

使い方と購入の参考にレポートします。

正式な名称は

プラチナ万年筆 多機能ペン ダブル3アクション ポケット」と

いうらしい。

MWBP-3000の各パーツ

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

果たして多機能ペンに伸縮機能は必要なのだろうか?

おお、

これならポロシャツの

胸ポケットに収まるサイズだ。

シャツの胸ポケットの底に

当たらないペンは少ない。

ジーンズのコインポケットの近くに

挿してもいいかも。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

これで短い状態。約11cmあります。これなら胸ポケットに入るね。

質感はかなり良いです。

この色は「シャインブラック」と

いうらしい。

メタリックのグレーですけど

めちゃ光沢系です。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

DOUBLE 3 ACTION なんだね。

なぜか

あまり鮮明ではない文字とロゴだなあと

思ってルーペで見ると、

粉体のような

シルバーで装飾も兼ねていた。

好みの分かれるところでしょうか。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

クリップの形状。ポケットの布地の厚みをクリアするかたちにカーブしてます。

クリップのなめらかなカーブで

優雅さが加わっていますね。

クラッシクなムード。

天冠部にも装飾。

3,000円クラスなので

こういうところに

コストかけるのかな。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

伸びたらこのクビレが露出しますよ。

2cmぐらい伸びる!

ゼブラの

ゼブラ 油性ボールペン SL-F1 ST 黒 BA115-BKなら

3cmぐらい伸びる。

MWBP-3000は

伸びてもコンパクトな印象です。

キャップリングにも

いろんなテクの装飾が

入っています。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

ペンユニット 4C芯です。

ユニットを出した。

回転して口金部分を外します。

この部分には賛否があるようです。

ペン芯を選択する動作と

紛らわしいと感じる人と、

「操作注意」が楽しいと感じる人、

@newsbunguは後者(^^)。

グリップ部は深いプレスのリング。

グリップ部分とペン先の口金は、

一体の構造なので

分解はできません。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

クリップには、POCKETの刻印、装飾。

天冠部はドーム。

周辺はカット装飾。

クリップにも装飾のプレス。

縦に「POCKET」の文字プレス。

堅牢でしっかりとした丁寧な作り込み。

触っていて痛く感じるような

部分はなくなめらかです。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

実測で190グラムありましたよ。

軽いです。

好印象。

胸ポケットでも

ポケットの口がダレにくいかも。

ゼブラ 油性ボールペン

SL-F1 ST/BA115なら

25グラムある。

MWBP-3000の短い状態での比較

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

伸縮式のボールペン4種類。

右から
ゼブラ 伸縮 SL-F1mini BA55
LAMY ラミー ピコ
プラチナ万年筆 ポケット シャインブラック
ゼブラ 油性ボールペン SL-F1 ST 黒 BA115-BK
@newsbungu が愛する

ピコとBA115のラインナップに

食い込めるか!?

かなり魅力的です。

ピコは

芯を改造しているので

インク切れが気にかかる、

BA115は

黒にしたせいかまぎれて

行方不明が多い。

MWBP-3000、伸ばした状態の比較です。

プラチナ万年筆の伸縮式多機能ペンMWBP-3000

伸ばした状態の長さを比べてみよう。

上から

普通のボールペン、パイロットのジャストミート、

約14cmあります。

その下、ゼブラのBA115は

こんなに伸ばさない状態で

使うことが多いです。

なれると片手でできるようになります。

いつもジーンズの右ポケットに

クリップしています。

その下がゼブラのミニSL-F1miniです。

ロルバーンミニサイズの

ダブルリングの隙間に押し込んでいますが

使うことは稀、

最後の砦って感じで装着はしてあります。

一番下がラミーのピコ、

愛用品でどこへ行くときも

右ポケットに入れています。

 

MWBP-3000は多機能で、しっかりした作り込み。
しばらく使ってみようと思います。
シャーペンを使うシーンはあまりないのですが、
加圧ボールペンが見当たらないときなど
壁のカレンダーなどへの追記に使えそうです。
この記事をまとめている途中でこんなのをみつけてしまった。次回のレポートはこれになりそう。最近は小型で携帯が楽ちんなボールペンが魅力的に見える@newsbunguです。
読んでくれてありがとうございます。
@newsbungu

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました