【トモエリバー手帳用紙】ほぼ日やダ・ヴィンチの紙で至福【文具趣味】

手帳とノート
トモエリバー

トモエリバーより

トモエリバー手帳用紙がじわじわ人気。

ほぼ日手帳」や

レイメイ藤井の「ダ・ヴィンチ手帳」の

手帳用紙として使われているのは有名。

製造は株式会社巴川製紙所で、

1914年創業の老舗。

現在はトモエリバーブランドで、5種類のシリーズがある。

 

株式会社巴川製紙所 トモエリバー

  • 中性紙で劣化が少ない。
  • 多色印刷が可能です。
  • 薄くて軽い、厚くて軽い。
  • 高不透明度・・・印刷物の裏抜けが少ない。
  • 腰の強さ・・・印刷、製本作業性が良い。
  • 郵便料金の削減が可能です。
  • その他の特長ECF(脱塩素)パルプを使用しています。森林資源保護のための原料選定に努めています。柔軟なデリバリー対応をしています。

もともとは

軽い紙に印刷しダイレクトメールや

カタログの郵送料を節約する目的で

開発された経緯がある。

 

その中に手帳用紙のシリーズがあり、

その優れた特性から人気が出ているようだ。

 

手帳愛好家は好みのリフィルをデザインし、

プリンターで罫線を印刷して使う。

 

人気手帳と同じ紙質で

マイデザインのリフィルが得られるとあらば

人気がでるのは納得できる。

 

また、裏写りが少ない良質な紙を求める、

万年筆使用者にも使われているようだ。

 

万年筆にはフルース紙というのはもはや古いのだろうか。

 

スポンサー

当サイトの調査によると、

トモエリバー手帳用紙が購入できるのはここ、

好みのサイズにも

裁断してもらえるようだ。

 

紙厚の割にコシが強く、裏抜けの少ない手帳に使われる紙トモエリバー手帳用紙<52g>A4 4000枚…

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12af1e8d.42c7d44f.12af1e8e.76bd18c0/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-shikisai%2F50602%2F%3Fscid%3Daf_link_txt&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fauc-shikisai%2Fi%2F10000423%2F

 

(追記 2017年2月26日)
アマゾンにも商品があるのを発見しました。A4とB5サイズがありますね。白とクリームのようです。

コメント