【Zoom505bw】 トンボ鉛筆、水性ボールペン実は他社各種リフィルが使えた

トンボ鉛筆Zoom505bw水性ボールペンが、

他社リフィルでも使えているので

レポートします。

トンボ鉛筆のインク芯リフィルは、

私の周りでは入手しづらく、

しかもブルー色が無いので

他社のリフィルを少し短く切って使っています。

Tonbow Zoom505bw

リフィルを少し短く切って、トンボ鉛筆には無いブルーのリフィルが使えます。

トンボ鉛筆の

Zoom505の現行品は

油性ボールペン

水性ボールペン

シャープペンシルのラインナップで販売されています。

紹介するZoom505bw旧型です。

細部のロゴなど、

現行品と違いが見られますが

サイズ等は同じで、

レポートと同じように

他社のリフィルが使えるのではないかと思います。

特に好みはぺんてるのLRN5のブルーです。

トンボ鉛筆Zoom505bw

トンボ鉛筆Zoom505bw クリップに少し違いが見られる。

全種類のトンボ鉛筆Zoom505bwの、

クリップ形状違いを集めています。

最後のもう一種類が

時の定めに従って、

私の元へ来る途中のはずですが、

いつになるかは全くわかりません。

Zoom505bwはコレクションというよりは実用として使っています。

筆入れにガシャガシャ入れていますので、

傷だらけになりつつあります。

現行品のクリップ形状は

上の画像で一番手前の形ではないかとおもいます。

GEL φ0.5 LRN5

Zoom505bw にぺんてるのGEL φ0.5 LRN5を使う

ぺんてるGEL φ0.5 LRN5は、

先端がぐらつかないようにテープで巻いて

直径を調節しています。

長さは現物合わせで

少しづつ短く切って調節しました。

同じように調節して、

ぺんてる 07 LR7

ゼブラ JF-1.0

ゼブラ JF-0.5」の

各リフィルが入っています。

ゼブラ芯は4色発売されていますから

選択範囲が広がりますね。

Zoom505bwの重さ

Zoom505bwの重さは28.0g~27.9gを行ったり来たりぐらい。

Zoom505bwは重いのですが、

低重心と言われており

使いやすいと感じる人は多いと思います。

手の大きさなど関係するでしょうが、

重いペンもたまに使うと

気分が変わりますのでお薦めします。§

sponsor link
sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link
sponsor