消しゴム付き鉛筆と、パーフェクトペンシルの同床異夢

この記事は約3分で読めます。

消しゴム付き鉛筆を2本イオンで買ってきた。126円だったが、何故か謎に13円割引されていた。正しくは「ゴム付き鉛筆」という名称のようだ。トンボ鉛筆の創立100周年記念サイトによると1950年(推定)発売で「ゴム付き鉛筆「No.2558」ゴム付き高級鉛筆「482」の普及版として発売され、大ヒットとなった。デザインはこのときから現在販売中のものとほぼ同じ。」とあるね。

鉛筆に心が引かれる、、消しゴムと削り器があればパーフェクトか。

鉛筆に心が引かれる、、消しゴムと削り器があればパーフェクトか。

使っていなかった、ファーバーカステルのパーフェクトペンシルを、引っ張り出した。

所有のこれは古いタイプで、パーフェクトペンシルのIIのようだ。付属している鉛筆はゴム付きで、2-Bの表示があったので入手したが、芯は硬く自分には合わなかったので使うことは無かった。
削り器とキャップとクリップが合体している。素晴らしい。
トンボ鉛筆の購入は、芯が濃くて柔らかいゴム付き鉛筆を組み合わせて快適にパーフェクトペンシルを使おうという魂胆です。

ファーバーカステルのパーフェクトペンシル

旧タイプのパーフェクトペンシルです。現行のIIIと比べるとスリムだが良いことばかりではないかも。

ファーバーカステルのパーフェクトペンシル

削り器の歯が特殊で細い! 交換は無理っぽい。芯は硬い、、なのでお蔵入りだった。

現行のパーフェクトペンシルはIIIで、削りかすのタンクがあるようだ。

ファーバーカステルのパーフェクトペンシルと消しゴム付き鉛筆

現行品は蓋がついている!!ティッシュを広げて削りかすを捨てる手間がいらないじゃないの?!

タンク付きなのでちょっとでかい気がしないでもないが、
これは便利すぎるんじゃないか?
どっかで、ティッシュを一枚慎重に広げて、
鉛筆を削った経験は無い方が良いかもしれない、
誰かがいたずらに「ふっ」としたくなるから。
やはり削りかすを捨てるのは手間がかかる。
現行品は評価も高いようだ。

鉛筆ってこんなに長かったっけ?!

トンボのゴム付き鉛筆をパーフェクトペンシルに取り付けるとちょっと長い。
鉛筆ってこんなに長いのだった。
しかも後ろに重心があってなんか違う感があるので、
グリップ部分にハンダを巻いてみた。
おっ、いいかも\(^o^)/。
鉛筆の長さを半分ぐらいに切り取る欲望は、
もったいない精神がなんとか勝利。

消しゴム付き鉛筆

トンボ鉛筆の消しゴム付鉛筆、大して期待はしていなかったが、、

しばらく鉛筆が短くなるまで、机で使う

持ち出しはその後になりそうです。
いつになることやら、、、
みなさんはどんなふうに使ってるのでしょうか。

ファーバーカステルのパーフェクトペンシルと消しゴム付き鉛筆

試しにイオンで消しゴム付き鉛筆を買ってきた。ほんとは2Bが欲しかったんだが無かった。長いで! こんなに長かったっけ。

トンボ鉛筆には、削り器や、タンクを含めた
完結した鉛筆システムを開発してほしいです。

ファーバーカステルには
鉛筆開発当時の文化が連綿とあるのかなあ、、

同じ鉛筆でも教育向けと大人向けの同床異夢なのだろうか。

読んでくれてありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました